更新記事リスト

2018年08月27日
アパート経営は誰にでもチャンスのあるビジネスを更新。
2018年08月27日
アパート経営を行うにあたっての下準備を更新。
2018年08月27日
昼夜を問わず起きるトラブルやクレームは代行業者が受けてくれるを更新。
2018年08月27日
アパート経営を委託する時はサービスの範囲も要確認を更新。

リスクを気にするならアパート経営

副業ならぬ復業として、サラリーマンを中心に関心が高まっているアパート経営を知っていますか。初期投資をすれば、働かなくても収入が得られるのでメリットは大きいです。しかし、アパート経営のための物件の選択を誤ると、負債を抱える可能性のある分野です。ということは、はじめの物件の目利きさえできれば、成功する可能性が格段に上がります。
では、そのはじめだけ専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。新しいことを始める、特に金銭が関わると失敗できませんから情報収集力=稼げる力を習得しなければなりません。そのために、休日に自分の時間を割ける余裕はないのではないでしょうか。時間は増やすことはできませんから、投資のための労力を、お金を出してプロフェッショナルに依頼すれば、アパート経営もできます。
さらに、物件が決定したあと、実際に他人に部屋を貸すとなると、もしもに備えて契約書を作成したり、建物自体に破損箇所が見つかった際や住民トラブルにも対応してくれるサポートもしてもらうことができます。せっかく利用したい人が現れても自分の時間が空いてないから待ってくださいでは、利用者が増えず、お金だけが出ていくことになります。まずは資料請求はいかがでしょうか。

アパート経営をするならコンサルティングサービスも活用!

アパート経営は、オーナー自身で行うよりもアパート経営の専門業者に依頼することで効率的な経営そして募集を行うことが可能です。専門業者への依頼料は発生するものの、日中働きながら副業でアパート経営する方にとっては、時間を有効活用することもできます。しかし、アパート経営を100%委託できるものでもなく、修繕費用の決裁権そして積み立てはオーナー自身が行う必要があります。近年では、修繕費を積み立てしていないオーナーも多く、老朽化した物件を修繕できず、入居者の退去もしくは賃貸できないといったケースもあります。
そこで、アパート経営を専門業者に依頼する際には、経営コンサルタントだけでなく、修繕についてもコンサルタントを受けられる専門業者を選択するのがおすすめです。定期的な修繕周期を他の物件の経営実績から算出する上、毎月の賃料からどれほどの積み立てが必要なのかアドバイスを受けることができます。
コンサルタントにより積み立てを行うことで、いざ修繕が必要になった際には銀行ローンの契約を避けられるもしくは必要最小限の融資で済ますことができます。先ずは、経営を任せっきりというのではなく、双方の利益に繋がるようなアパート経営の専門業者を活用するのがおすすめです。

オススメコンテンツ

アパート経営を行うにあたっての下準備

アパート経営で専門業者に依頼すると決算書作成も楽に アパー…

More...

アパート経営を委託する時はサービスの範囲も要確認

リスクを気にするならアパート経営 副業ならぬ復業として、サ…

More...

アパート経営は誰にでもチャンスのあるビジネス

アパート経営における手間を省くならサブリース業者に依頼をしよ…

More...

昼夜を問わず起きるトラブルやクレームは代行業者が受けてくれる

老後のアパート経営は専門業者に任せて負担軽減! まだ若いう…

More...

トップへ