更新記事リスト

2018年08月27日
アパート経営は誰にでもチャンスのあるビジネスを更新。
2018年08月27日
アパート経営を行うにあたっての下準備を更新。
2018年08月27日
昼夜を問わず起きるトラブルやクレームは代行業者が受けてくれるを更新。
2018年08月27日
アパート経営を委託する時はサービスの範囲も要確認を更新。

アパート経営で専門業者に依頼すると決算書作成も楽に

アパート経営を行うにあたって、物件管理、入居者とのトラブル、空室リスクと並んで悩ましいのが、確定申告の手間です。給与であれば勤務先側が税金を引いてくれ、年末調整で年間の精算もやってくれるのですが、家賃収入はそうはいきません。家賃収入だけでなく出費分の必要経費も計算して確定申告しないと、所得税や住民税が高くつきますが、必要経費は租税公課、修繕費、管理費などの科目別に分けて決算を行うことも必要です。アパート経営の場合、領収書を集計するだけでなく、建物の購入価格を何年にもわたり分割して経費とする減価償却の手続きも必要です。経理事務の経験が無いと、これは大変です。
業者にもよるのですが、専門業者に依頼すると、実は経営サポートの一環として確定申告用資料の作成までしてくれることがあります。税理士に確定申告一式をお願いする方法もありますが、添付する決算書(青色申告決算書または収支内訳書)作成だけでしたら、専門業者による資料で間に合います。
確定申告期間は2月16日~3月15日ですが、この期間前に決算書の記載内容を送ってくれます。この書類を見て、あとは決算書に、賃貸料300万、借入金利子20万、管理費20万などと転記すれば良いだけです。続いて、税の計算や納税を行います。専門業者への依頼は管理の依頼が大きいことも確かですが、決算書作成の手間を省く点からも考えましょう。

入居者の途切れないアパート経営をするならサブリース会社に依頼を

長期的に家賃という安定収入が見込めるのがアパート経営の最大の魅力です。アパートといった賃貸住宅は常に一定以上のニーズがあるため、堅実なアパート経営をしてさえいれば月々の家賃収入は大きな収入の柱となってくれるはずです。しかし、ただ単にアパートを建てたり、中古のアパートを購入したうえでアパート経営を始めたからといって必ずしも安定した家賃収入が得られるとは限りません。
せっかくアパートを所有していたとしても肝心の入居者がいなければ見込んでいた家賃収入を得ることはできないからです。もしも、見込んでいた家賃収入が得られないとしたら固定資産税の支払いや住宅ローン等の支払いで収支がマイナスとなってしまうこともあるのです。
そのような事態に陥らないためには入居者が途切れることのないように常にアパートの管理に気を配る必要があります。ただし、アパートの品質を常に一定以上のものに保つには手間や時間を惜しまない努力が必要不可欠となってくるため、体力的に不安のある高麗者の方や本業を持って仕事をしている方などは本腰を入れたアパート経営をするのはなかなかに難しいことです。
そのよう事情があり本腰を入れてアパート経営に携われないという場合には専門業者に依頼をしてアパート経営を代行してもらうのもひとつの有効的な方法となります。

オススメコンテンツ

アパート経営を行うにあたっての下準備

アパート経営で専門業者に依頼すると決算書作成も楽に アパー…

More...

アパート経営を委託する時はサービスの範囲も要確認

リスクを気にするならアパート経営 副業ならぬ復業として、サ…

More...

アパート経営は誰にでもチャンスのあるビジネス

アパート経営における手間を省くならサブリース業者に依頼をしよ…

More...

昼夜を問わず起きるトラブルやクレームは代行業者が受けてくれる

老後のアパート経営は専門業者に任せて負担軽減! まだ若いう…

More...

トップへ